流山市におけるインターネット選挙への取り組み

4月19日告示、4月26日に投票で、流山市の市議会議員選挙がありますが
フリー素材でインターネット選挙のイラスト図を作ってみました。

インターネットと選挙.gif

4月7日に【流山市議選公開質問実行委員会】なるものがネット上にあがりました。

『へぇ〜』と、全アンケート回答を読んでみました。結局告示日(締め切り後)、アンケート設問に正確に回答を寄せたのは、立候補者37名中16名。残りの21名は、全く回答しなかったor設問通りの返答になっていませんでした。

ま、色々思惑があってそうなったのでしょうが、有権者としては、あーだこーだと玉虫色に答えるより、スッキリと設問に答えてもらったほうが、わかりやすいのになぁ。

流山市市議会議員立候補者一覧 公的.gif

こちらが、流山市公けの⇒流山市議会議員一般選挙立候補者情報
でも全候補者のWEBサイト(主張やマニフェスト)を読破する有権者って、どれくらいいるんだろ?
候補者の一覧表を作るなら、一目でわかるような候補者比較表の方がいいのになぁ(~_~;)

流山市市議会議員立候補者一覧 私的.gif

...てな訳で『当選後に注力したい政策の優先順位を回答してください』
というアンケートの(1)(2)の結果を入れて、私的に作った立候補者一覧表。
エクセル表を絵にしたものなので、元データ(エクセルデータ)でご覧の場合は

【エクセルで自動ダウンロード】
で、優先政策順・年齢順・現職新人&党派別順とか並び替えは自由にできます。
公的な選挙立候補者情報も、せめてエクセルで情報公開してくれないかなぁ?
そしたらもっともっと選択しやすくなるのに(~_~;)

私的候補者一覧表に、議員定数削減に賛成しているかどうか?の項目も入っていますが、それは
【市民が議員定数削減を争点に設定する試み】
というサイトから借用しました。
前述のアンケート同様に、争点を設定してもらうと、確かに選びやすいですよね。

冒頭のアンケート回答に『一部の団体のアンケートに答えるのでは偏りが・・・云々』てな、言い訳していた候補者が数名いましたが、...ってことは『市民の声に応えます』ていう姿勢はない...って事なのね?

市民が投げたボールをしっかり返球できない候補者は、期待できないなぁ。
まぁ、まったくスルー(無視)している候補者よりはマシですがf(^、^;

流山選挙ちゃんねる.jpg

流山選挙チャンネル.jpg

...で。この記事を書いている途中で
【流山選挙ちゃんねる】【流山選挙チャンネル2015】
二つのサイトが立ち上がっている事を知りましたf(^、^;

ひらがなとカタカタの違い(デザインの違い)だけで、コンテンツはほぼ同じです。あ〜ぁ、な〜んだ、そ〜ゆ〜ことかぁ...と思い当たる節がありますが、私は関与していませんよf(^、^;
しかし、わかりやすく、よく出来ているなぁ...チャンネルのB面は凄いっ!
あ〜ぁ、自作でセコセコ面倒なエクセル作っていた時間は、無駄だった(T_T)

いや、何だって、面倒くささの中に楽しみも喜びも価値もあるんだ(笑)

ま、とにかく。今はまだ、すべての有権者がネットで候補者を選んでいる訳ではないですが、今後はますますこのような取り組みが多くなっていくでしょうね。

5年先はどうなっているかわからない。...と。ITの専門家が言ってました。
企業も議員もこれまでの常識で行動していたら、想定外の展開になりますよ。きっと。

posted by たすけ at 2015年04月20日08:41 | 未登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。