流山市におけるインターネットと漫画を利用した選挙啓発

前記時の『流山市におけるインターネット選挙への取り組み』は、つまりは『流山市におけるインターネットを利用した選挙啓発』という事なのですが、本論は文末に記すとして・・・

流山市議選2015年 立候補者ポスター.jpg

4/21、市議選候補者ポスターが出揃ったので、パチリ。*訂正:36番が未貼付でしたm(_ _)m
4/24、市議選候補者ポスターが出揃ったので、画像差替えました。
【流山市議会議員一般選挙公報 (PDFファイル 8.5MB)】

『議員定数削減賛成シール』って、こうしてみるとほとんど目立たないですね。
私、個人的には流山市市議会議員は、法定定数限度の32名でもいいと思ってます。その方が多彩な人材が議会に集結するでしょうから。要は、議員報酬費用の総額を下げればOKな訳で、ただ人数が多いと諸経費が増えてしまうから定数削減の方がベターって事だと思います。ま、現職議員からすれば、自分の報酬下げなくて済みますものね(苦笑)

まぁでも、国会議員にしても市議会議員にしても、『議員報酬はもっと低くていいんじゃね?』...って。思うんだけどなぁ。国会議員の年間報酬が300万円程度だったら、くだんの上西小百合"先生"も議員の椅子にしがみついていないんじゃね?(苦笑)

流山市市長選2015年 立候補者ポスター.jpg

ついでに、市長選候補者ポスターもパチリ。
【流山市長選挙公報 (PDFファイル 2.6MB)】
市議会議員選挙同様、拙ブログでは特定候補者の応援は致しませんが・・・

【目指します!あなたと歩く流山。あなたと暮らす流山。あなたと変える流山】
【めざすのは、市民の知恵と力で発展し続ける流山市】

スローガンは、ほとんど一緒(^^;)
ただ、一方の候補者はプロフィール等に基本的な記入ミスがあります。
WEB屋の私としては、こういう細かいところが気になっちゃう(苦笑)
食い物と病気と議員(首長)プロフは、検索上位なのになぁ(^^;)




さて、今回の市議選について知人から
「今回は、知り合いの候補者が多くて困るでしょ?」
「ですよねぇ、こうなったら鉛筆転がして決めるしか・・・」
などと冗談で答えましたが、今回は特に各候補のオフィシャルサイトを見て、政策方針に共感する候補者に一票を入れたいと思っています。

てか、定数28名に新人立候補者16名って、すごくない?
今回の選挙ほど、浮動票(若い世代の有権者)の影響力が試されると思います。

一介の市民に過ぎない私が、選挙啓発についてブログ記事を書くのかと言えば
『なぜ、若者は選挙(投票)に行かないのか?』の記事にリンクされていた
『【案外少人数】『若い人が投票に行けば世の中変る』と言われるけど、本当に変るのか計算してみた【友達一人でおk】』このブログ記事のコメント中に、棄権する理由として・・・

『欲しいものがなければ買い物をしない。これと一緒だ』
との一文を見つけ
『その買い物が自由でなかった時代について考えた事あるの?』
と問いたかったからかな?

でも、それを理由に投票に...というコミットは成立しないだろうし、妥協して投票するくらいなら、しないほうがマシという若者の気持ちがわからないではない。

「自分が一票投じたところで何も変わりはしない」
とかのコメントも多々ありましたが、そういうマインドが広まってしまうと、選挙権がなかった時代に逆戻り(=為政者のやりたい放題)になってしまうのでは?との危機感を持っています。

まぁ、私のくどくどした文章などより⇒【漫画でわかる選挙に行こう】の方がずっとわかりやすいと思います。...って。どういう結末になるのか知らないけど。たぶん、選挙(政治)への無関心に、もっと危機感をもってもらいたいと描いているのだと思います。

今回の流山市市議会議員選挙は、全国からも注目されていると思いますが
この漫画は流山市に限らず、多くの議会選挙でシェアされるといいですね。
posted by たすけ at 2015年04月21日22:32 | 未登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。