流山De札幌スープカレー / 流山のホスピタリティ精神

流山De札幌スープカレー.jpg

流山De札幌スープカレー※詳細は⇒広報ながれやま2015/1/21 8頁
この記事では、流山伝統のホスピタリティ【思いやり・おもてなし】を後半に記していますf(^、^;

001.JPG

カレー好き&古民家レストラン好きの私としては・・・
2/3のオープン前から興味津々で、待ちきれなくて工事中の画像からf(^^;)

002.JPG

・・・で。2/21に行ってきたなっしー♪
もぅ、お店に近づいただけで、スープカレーの香しい風が^^;
あんばせ屋 蝦夷夢(えぞむ)札幌生まれ☆千葉1号店...との事。
この日午前中は、NPO流山史跡ガイドの会の青柳孝司さんに流山本町界隈の観光案内をして頂いたのですが、その中でも流山が千葉1号店のお話が続々出てきました(^^;)

003.JPG

004.JPG

流山☆札幌スープカレー(あんばせ屋)のランチタイムは11:00〜14:30
ミニサラダ・ランチドリンク・デザート付で1,180円
ランチで、千円超ですが、食べて納得のコスパです(^^)
辛さも選べます♪6辛までは無料です(^^)v

カレーは飲み物であると自認する私は、サラサラのカレーが大好きです・・・
流山☆札幌スープカレー(あんばせ屋)のカレースープは【昆布、玉ねぎ、椎茸の石突き、魚介のうま味たっぷり。食品添加物不使用で素材の味を生かすスープ】の説明通りで、6辛でも、辛さより旨味が際立って、ゴクゴクの飲み干せました♪
※但し、私の舌は激辛慣れしています。同伴した友人は3辛でも辛いと言っていました^^;

005.JPG

スープが主役なので、野菜も肉も豪快な切り方で、ゴロゴロ入ってます♪
今回その旨味&辛さ満載のスープに替え玉の麺を追加注文することを忘れてしまい(T_T)
次回は、1度で2度美味しい、スープカレーの裏ワザを堪能せねばf(^、^;


007.JPG

006.JPG

さて、流山市では流山本町の古い町並みを生かした、観光活性化に力を入れているので・・・
安政六年(1859年)創業、現在も続いている【ましや呉服店】
築80年の乾物屋を再生(2013年7月)させた【流山あかり館彩(いろどり)】
などなど、プチ小江戸観光ができる場所でもあります。

「でも、こういうお店ってなんか入りづらいのよねぇ」
「入ったら、何か買わなきゃ申し訳ないような・・・」
「ノープロブレム♪ 見学だけでもウェルカム♪」
「えぇー!?でも、やっぱり気が引けるわよねぇ」


そんな時、⇒【NPO法人流山史跡ガイドの会】のメンバーの皆さんが
「見学だけでもいいんですよ!ささ、入って入って!」
と、背中を押してくれます♪
『流山に行ってみようかな?』と言う方は是非連絡して利用しちゃってください♪

「えぇー!?でも史跡の話って、難しそうだし、面倒臭さそうだし」
「ノープロブレム♪ 小学生でもわかるように、絵や写真を活用しています♪」


010.JPG

009.JPG

011.JPG

私自身、何度か自転車仲間を流山案内をしていますが・・・
例)⇒流山旧道(裏道)ポタ 2011年11月
  ⇒流山裏道ポタ 2009年10月
当日に紙芝居方式で説明すると、歴史嫌いな人にもわかりやすいなぁ、と大変勉強になりました(^^)


008.JPG

これは、流山市立博物館の下にある【六部尊(流山)】

江戸時代に行脚途中で行き倒れた、行者を供養するために作られたもので、昭和33年の再建に続いて、昨年平成26年に再々健されたものです。(まぁ、行き倒れた...と言うよりは...この場所最期を迎えながら信者を増やした。のではないかと思いますが^^;)

流山には、今も昔も、旅人を厚くもてなす、ホスピタリティ精神が受け継がれています(^^)


posted by たすけ at 2015年02月22日13:24 | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。