鰭ヶ崎三本松古墳の変貌

この写真は、2009年9月20日の鰭ヶ崎三本松古墳です。

02鰭ヶ崎三本松古墳2009年9月.jpg

関連ブログ記事(画像元)...東葛人さん断腸亭さん横山さん
5年前とのあまりの変貌ぶりに、息を飲んでしまいましたが・・・伐採されたのはつい最近です。



この動画に収めた三本松古墳からの眺望を見れば、ここに古墳を築いた理由がよくわかります。
但し、今見えるのは、首都圏のどこにでもあるような、家並みの連続。

05鰭ヶ崎三本松古墳2014年9月03.JPG

04鰭ヶ崎三本松古墳2014年9月01.JPG

三本松古墳は、流山市最大の前方後円墳ですが古墳として残す予定はないそうです。あくまで市指定の史跡は、写真左に見える石碑⇒【鰭ヶ崎三本松古墳の碑(下総国鰭崎邨古冢碑)】
近年の豪雨による土砂崩れをを考えれば、これだけ削り取られちゃった崖では、致し方ないのでしょう。まぁ、小さな見晴らし台付きの公園くらいにはなるのかな?

06.JPG

しかし、この角度から見える思井や芝崎の森はこれ以上削らないで欲しいなぁ
「どうしてぇ?全部削って住宅地にしちゃえばいいじゃん♪」 byローラ風味

08.JPG

高校三年間
私は自転車通学でこの道を通り、三本松古墳の前を通過して小金高校に通っていました。

11.JPG

10.JPG

09.JPG

ボーイスカウトの森近辺もこんな風になちゃって、もう西平井の森は壊滅状態です。
「そっかぁ♪じゃあ、また木を植えればいいじゃん♪」 byローラ風味

彼岸花2014年.JPG

心を慰められたのは、ローラの言葉じゃなくて^^;
西平井と同様に道が全然変わってしまった市野谷の畑にひっそりと咲いていたハート型の彼岸花(タカギファームさんの畑だそうです)

一番変わってしまったのは、十太夫の森(かつてのふくろうの森と呼ばれた森)。
木々は9割消失し、裏道(旧道)もまったくつながらなくなり、造成中の行き止まりばかり。
ポツポツ立ち始めた集合住宅や戸建て分譲用地をみていたら、なんだかやっぱり首都圏のどこにでもあるような街の風景になりそうだなぁ。

流山ポタ.JPG

でもこの変貌は今に始まったことでなく、首都圏衛星都市の宿命でしょう。
次記事で40年前と、現在の比較をしたいと思います。

この項続く。

posted by たすけ at 2014年09月24日02:30 | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。